匠のコラムColumn

建蔽率と容積率 2017.07.31 家づくり

建蔽率と容積率

建蔽率とは、その土地のどのくらいを建てものように使う事が出来るか。160㎡の土地で建蔽率が50%となると160㎡の土地の80㎡を使って建物を建てることができる。建蔽率が高ければ高いほど建物に活用できる面積が広くなるため、土地の利用価値が高い。建蔽率が低ければ低いほど土地の利用価値も下がる。容積率とは、その土地に建設できる建物の延床面積を定めた物。土地の面積が160㎡で容積率が100%であれば建設できる建物の延床面積は160㎡まで。容積率70%であれば延床面積が112㎡までとなる。

関連キーワード

関連記事

Contact
ご相談予約・お問い合わせ

新築やリフォームについてご検討の方は、以下の電話番号、またはお問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。

電話番号

HPからのお問い合わせ・資料請求はこちら
  • facebook
  • twitter
  • instagram